ラグビーワールドカップ2019 堺市J-GREENに合宿するチームと経済効果

ラグビーワールドカップ2019 堺市 経済効果

公認チームキャンプ地に立候補した堺市は正式なキャンプ地と認められ、4ヵ国が花園ラグビー場で行われる試合前の数日前から、トレーニングや実戦練習の場として堺区にあるJ-GREENに来ることが決まりました。

滞在チームと花園ラグビー場で行われる試合日程と対戦相手です。

  • イタリア代表 2019年9月22日(日)vs ナミビア
  • トンガ代表 2019年9月28日(土)vs アルゼンチン
  • ジョージア代表 2019年10月3日(木)vs フィジー
  • アメリカ代表 2019年10月13日(日)vs トンガ

日本でもお馴染みの選手は・・・

残念ながらいません。

サンウルブズの主力選手であるジャバ ブレグヴァゼも2018年を最後に代表から離れ、2019年のトレーニングメンバーには入っていませんでした。

 

2019年09月03日

ジャバがスコッド31人に入りました!
(上から6番目にジャバ選手の名前がありました)

 

ラグビーワールドカップ2019 堺市 経済効果

が、しかし・・・

ジョージアは、9月29日(日)埼玉でウルグアイと対戦し、中3日のスケージュールで花園フィジー戦となります。

 

J-GREENでの調整練習する確率は極めて低いか?

私の浅い読みですが、9月30日(月)は大阪に移動のみ。

10月2日(水)は会場の花園でキャプテンズラン。

だから、10月1日に来る、きっと来る、そして私はJ-GREENに行く!

 

イタリア代表には5大会出場になるイタリアの至宝セルジョ・パリッセと、若き天才マッテオ・ミノッツィが順当にスコッド入りしました。

こちらは9月14日か15日に堺市入りの予定です。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019 堺市の経済効果は?

ジョージア代表

堺市が負担する費用は?

堺市が発表した今年度の予算要求の内容の一部です。

キャンプ受入費用
53,360,000円(施設整備関連、施設利用料等)

その他、昨年から2年間でのキャンプチーム視察受入費用として1,763,000円、PR用パンフレット制作費700,000円などが使われています。

キャンプ誘致の経済波及効果

平成28年11月に(公)堺都市政策研究所が発表した内容です。

キャンプ誘致チームについては、日本チームとなる可能性もあるが、今回の推計では外国のチームを誘致した場合を想定している。

直接効果項目

  • 警備関連支出 645万円
  • 運営関連支出 157万円
  • 施設利用関連支出 717万円
  • 施設整備関連支出 1,605万円
  • トレーニング器具関連支出 200万円
  • 事前手続関連支出 5万円
  • レセプション関連支出 17万円
  • ラグビー教室関連支出 41万円
  • 堺市による消費支出総計 3,686万円

来場者数

  • 公開練習 3,700人
  • レセプション 500人
  • 交流試合 3,000人
  • 交流イベント 100人
  • 合計 7,300人

来場者の出発先

  • 堺市 43%
  • 堺市を除く大阪府内 36%
  • 大阪府内を除く近畿 10%
  • その他 10%
  • 海外 0.7%

来場者の宿泊割合

  • 市内日帰り 43%
  • 市街日帰り 36%
  • 宿泊来場者 21%

来場者の消費支出額(単位は百万円)

  • 堺市内日帰り来場者
    交通費(1.12)食費(2.92)宿泊費(0)土産代(1.61)雑費(1.48)
  • 堺市外日帰り来場者
    交通費(1.26)食費(3.31)宿泊費(0)土産代(1.82)雑費(1.48)
  • 宿泊する来場者
    交通費(8.12)食費(8.51)宿泊費(22.39)土産代(6.77)雑費(4.38)

合計
交通費(10.50)食費(14.73)宿泊費(22.39)土産代(10.19)雑費(7.53)

来場者の消費支出額は総計約65,340,000円となりました。

 

訪日外国人の旅行消費支出額

  • 宿泊料金 36,984円
  • 飲食費 28,391円
  • 交通費 15,291円
  • 娯楽費 4,413円
  • 買物代 90,416円
  • その他 672円

一人当たりの消費合計は176,167円

 

選手・コーチの消費支出額

  • 宿泊飲食費 300,000円
  • 交通費 45,436円
  • 娯楽費 6,620円
  • 買物代 135,624円
  • その他 1,008円

一人当たりの消費合計は488,688円

 

報道関係者数

  • 公開練習 80人(2時間)
  • 公開練習 140人(15分間)
  • 交流試合 80人
  • 交流イベント 10人

報道関係者1人当たり消費支出額

  • 交通費 492円
  • 飲食 1,286円
  • 宿泊費 0円
  • 土産代 708円
  • 雑費 650円
スポンサーリンク

消費主体別の消費支出の総計

  • 堺市の支出 36,860,000円
  • 来場者の消費支出 65,340,000円
  • 選手・コーチ等の消費支出 29,320,000円
  • 道関係者の消費支出 970,000円

合計 132,500,000円

結論

堺市におけるラグビーワールドカップ2019日本大会のキャンプ誘致の経済波及効果は約1億2,900万円、そして粗付加価値創出は約6,000万円となった。

 

そして、私の持論

平成28年に発表されたデータですが、来場人数などは2015年イングランド大会を、報道陣数は2011年に行われたサッカー日本代表合宿(J-GREEN)の公開練習を参考にしている。

イングランドはラグビー発祥の地であり、イングランドや近隣国にはラグビーリーグもあり熱狂的なファンが大勢いる。

そして、キャンプ地にはそのファンを受け入れるだけの施設と準備も十分に整っている。

 

堺市にラグビーファンを受け入れるだけの準備はできているのだろうか?

 

最寄り駅の「堺」「堺東」周辺に、ワールドカップをアピールするようなものは見当たらない?

J-GREEN行きのバス乗り場も何処にあるのか分からない?

そして、J-GREENは日陰になる場所がなくコンビニもない。

自販機はあるけど、飲食店も軽食喫茶が1店あるだけです。
(キッチンカーや売店を出して、高額販売するのは止めてほしい)

 

堺市内から見に行く人達は、J-GREENが不便な場所だと分かって行くけど、他府県や海外の人たちは一度来たら二度と来ないと思う。

見学目的で堺市に来て、1人あたり3,136円の飲食や土産代を払うだけの魅力が最寄り駅とJ-GREENにあるのだろうか?

 

さらに、J-GREENでの練習日程は全てが未発表なのです。

いつ?何時に?練習に来るのかは一切公表されないのです。

一か八かで見に行くのもいいかと思うのですが、公開か非公開かも分かりません!

警備上の理由らしいのだが・・・

 

なぜ誘致したのだ?

日本でのラグビー人気なんて・・・

J-GREENで7月末に3日間行われた日本代表合宿。

日程期間は夏休み中です。

 

リーチマイケルや田中史朗、姫野和樹、田村優、福岡堅樹などラグビーファンにとっては豪華な顔ぶれが一堂に会する至福の時間でした。

 

しかし・・・

初日の来場(見物人)は300人くらい。

午前中のウエイトトレーニングから見に来ていた人は20人もいなかった。

 

2日目は行けなかったので分かりませんが、最終日にスタンドに入っていた人数は200人くらいだと思う。

 

データーを作成した「堺都市政策研究所」の統計通りの数をクリアするのであれば、堺市は今からでも全力でラグビーファンとラグビーに関心のない地元民の誘致活動をして欲しい。

 

最後にトンガの話を・・・

トンガ代表ジャージーに輝く「入ル」

トンガ代表のジャージーの胸には、日本の温かさが詰まっていた。

 

ラグビーのパシフィック・ネーションズ杯の日本-トンガが3日、大阪・花園ラグビー場で行われました。

真っ白のジャージーのトンガは日本に7-41で敗れたが、最後まで大粒の汗を流し続けた選手の胸には、黒色でプリントされた「入ル」、どう見ても日本語のロゴが輝いていた。

 

トンガ出身で元日本代表、W杯日本大会でトンガ代表のリエゾン(通訳などのサポート役)を務めるタウファ統悦氏は、

「試合は負けたが、それよりも助けてくれた人たちにすごく感謝してる」と話した。

 

トンガ代表の懐事情は厳しい。

7月にサモアで行われたトンガ-サモア戦は悪天候でグラウンドが荒れ、耳に泥が入り込んで中耳炎になった選手が複数人いたという。

しかし、すぐに病院に行ける金銭的余裕がなく、3~4人の選手が完治しないまま来日。

 

来日後、タウファ氏が知り合いの医者に頼み、何とか試合前までに治してもらったという。

 

そんな状況の中、1人の日本人が立ち上がった。

大阪と東京で飲食店を営む、山崎一氏だ。

高校から社会人までラグビー経験のある山崎氏は、トンガ代表の苦しい財政状況を耳にし、知人のつてで、タウファ氏と会った。

現実を知り、

「飲食店として社会貢献活動がしたかった。ハングリーに活動しているトンガ代表の力に少しでもなりたかった」

と、トンガ協会に寄付金を送ることを即決した。

そして今回、東京・恵比寿の「韓国食堂 入ル」の店名のロゴが、トンガ代表のジャージーの胸にプリントされたのだった。

 

トンガ協会が寄付金を受け取るにあたり、正式に契約が結ばれたのは試合前日の2日。

急ピッチで「入ル」のロゴをジャージーにプリントするため、タウファ氏が日本人の知り合いに依頼。

こちらも、快く協力してくれたという。

また、来日してから選手やスタッフら約50人分の練習着などを洗う際、コインランドリーに行く金銭的余裕もない中、トップリーグのNTTドコモが洗濯機を貸してくれたという。

「来日してからの1週間は、本当に日本に助けてもらった」とタウファ氏は感謝の言葉を続けた。

8月4日:日刊スポーツより

先日、登美丘高校ダンス部の海外渡航費用を、クラウドファンディングで集めると新聞に出ていた。
高校生の思いで作りをネット基金で募るなんて、アホらしくて協力する気にもならないと思った。
しかし、国も協会も財政難で他国との格差は明らかなトンガやナミビアに、大会期間中の滞在費用をネット基金で募れないだろうか?
スポンサーリンク