方違神社のくろがねもち

方違神社のくろがねもち
スポンサーリンク

クロガネモチの木

大阪府下で指定を受ける「くろがねもち」は数件のみで、なかでもこの木は径と幹周が最も太く、かなりの年輪をもつ巨樹である。

大阪府指定天然記念物

方違神社のくろがねもち

所有者:堺市
所在地:堺市堺区北三国ヶ丘町3丁
指定年月日:昭和48年3月30日
胸高径:1.1メートル
幹 周:3.5メートル
樹 高:6.8メートル

方違神社のくろがねもち

かつては方違神社の参道わきにあたることから、「方違神社のくろがねもち」と名付けられた。

方違神社のくろがねもち

(老木のため、周囲を鉄柱と材木で倒木対策されています)

方位除けの社 方災除の社 方違神社

クロガネモチ(黒鉄黐)

モチノキ科モチノキ属の常緑高木(じょうりょくこうぼく)

高木に分類されるものの、自然状態での成長は普通10m程度にとどまり、あまり高くならない。
明るいところを好み、葉は革質で楕円形やや波打つことが多く、深緑色。
若い茎には陵があり、薄紫に色づくことが多い。春4月に新芽を吹き葉が交替する。

「クロガネモチ」が「金持ち」に通じるから縁起木として庭木として好まれる地域もある。
西日本では野鳥が種を運び、庭等に野生えすることがある。

スポンサーリンク