「閑散とした世界遺産」仁徳天皇陵古墳は負の遺産

堺の遺産は閑古鳥が鳴く

昨年年2月に令和元年度堺市当初予算案を発表し、百舌鳥古墳群の世界遺産登録のために、百舌鳥古墳群周辺整備と来訪者対策事業として約2億円が盛り込まれました。

 

使い道は、周辺歩道のバリアフリー工事や大仙公園の整備、案内看板の整備などです。

市の世界文化遺産推進室の担当者は、
「世界文化遺産に登録されると、今よりも海外から多くの方が訪れるようになる。今後さらに環境整備に目を向けていく必要がある」
と話している。

 

そして、令和元年7月6日(土)

「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されることが決定。

さぞかし賑わっているのかと思い、9月18日に行ってきました。

が・・・

 

堺の遺産は閑古鳥が鳴く

 

リョコさん
ご覧の通り、誰もいません。

観光ボランティアが2人いましたが、団体も個人もマニアも居ません。

間違って別の古墳に来たのか?

と、一瞬思ってしまうほどの貸し切り状態でした。

 

 

もちろん、古墳の外周も果てしなく無人でした。

堺の遺産は閑古鳥が鳴く

 

 

ラグビーワールドカップの試合前短期間合宿の誘致に成功し、J-GREENに4ヵ国のチームが合宿に訪れました。

当初の予定では、見物人と報道陣、そしてチーム関係者らが堺市で消費するお金は「約6,000万円」と見込まれていましたが・・・。

 

しかし練習日程は非公表、

当然ワールドカップの経済効果なんて、チームが宿泊するホテルと一部のお店だけ。

 

堺市はワールドカップ開催前から、経済効果に乗り遅れた「負け組」に・・・

世界遺産も離脱した方が人気になるんとちゃうかな???

堺の遺産は閑古鳥が鳴く

スポンサーリンク

仁徳天皇陵古墳

堺の遺産は閑古鳥が鳴く

  • 別名:大仙古墳 仁徳天皇陵古墳
  • 住所:大阪府堺市堺区大仙町
  • 形状:前方後円墳
  • 被葬者:第16代仁徳天皇
  • 築造時期:5世紀前期から中期

古墳の規模

  • 古墳最大長:840m
  • 古墳最大幅:654m
  • 墳丘長:525.1m
  • 墳丘基底部の面積:21,380㎡
  • 後円部 – 3段築成
  • 直径:286.33m
  • 高さ:39.8m
  • 前方部 – 3段築成
  • 幅:347m
  • 長さ:257m
  • 高さ:37.9m

 

関連記事

公認チームキャンプ地に立候補した堺市は正式なキャンプ地と認められ、4ヵ国が花園ラグビー場で行われる試合前の数日前から、トレーニングや実戦練習の場として堺区にあるJ-GREENに来ることが決まりました。滞在チームと花園ラグビー場で行わ[…]

ラグビーワールドカップ2019 堺市 経済効果
スポンサーリンク