エドワード カーク Edward Quirk

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

レッズU16(2007-2008)から在籍していた生粋のレッズプレーヤです。

レッズが優勝した2011年は中盤からポジションを奪われ出場機会を失いましたが、若干20歳にして開幕戦はスタメン出場しています。

2013年は、レッズ vs ブリティッシュ アイリッシュライオンズ戦にもスタメン出場し、地元ブリスベンでは人気選手です。

過去2年間は深刻な膝の怪我から2014年(12節ブルーズ戦)を最後に試合からは離れています。

2015年もレッズのスコッドに入り、ツイ ヘンドリックとチームメイトになりましたがカークの出場記録はありませんでした。

怪我の回復が気になりますが、この若さ!このサイズ!スーパーラグビー39cap!
レッズでは少し気性が激しくペナルティーを受けることも多々ありましたが・・・

ですが、何といっても超ハードワーカーでタックルもジャッカルも多い頼もしい選手が一年目のサンウルブズにやって来ます。

エドワード カークはセブンズとU20のオーストラリア代表キャップを持っていますが、ワールドラグビーによる「代表資格の改編」が行われた場合、結果によっては日本代表資格を得られる可能性もあります。

追加記事
2016年5月21日(13節)ブリスベンで行われた古巣レッズ戦は、カークを応援する地元の知人ら総勢80人が集まりました。

エドワード カーク Edward Quirk

出身地:オーストラリア(ブリスベン)
生年月日:1991年8月28日
身長:191cm
体重:108kg
ポジション:FL No,8

ラグビーキャリア

オーストラリア国内リーグ
2009 – 2009 レッズアカデミー
2009 – 2010 イーストタイガース
2015 – 2015 クイーンズランド

クラブチーム
2010 – 2015 レッズ(AUS)スーパーラグビー
2016 – 2019 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー
2017 – 2020 キャノン(JPN)トップリーグ

代表
2009 – 2010 オーストラリア(7人制)
2010 – 2011 オーストラリアU20





この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました