クレイグ ミラー Craig Millar

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

スーパーラグビーのデビューは2014年3節チーフス戦でした。
(2節はベンチ入りも出場機会なし)
この試合、ハイランダーズにはリチャード バックマンやエリオット ディクソン、田中史朗ら日本でお馴染みの選手が出場しています。

デビュー後も順調にCAPを獲得しましたが、同年11節シャークス戦で負傷した影響から2015年はハイランダーズのスコッドを見送られました。

2016年にスコッド入りも4試合、2017年は2試合と出場機会を失っていましたが、来日直前の国内(Mitre10)では11試合に出場しています。

ハイランダーズではタフで泥臭い持ち味を出せませんでしたが、オタゴでは絶対的プレーヤー(ハンドリングに優れ、走れるPR)として活躍しているので、さらなるFW強化が期待されます。

シーズンオフは故郷ニュージーランドで、会計士として働く安定型でもあります。

クレイグ ミラー Craig Millar

出身地:ニュージーランド(ダニーデン)
生年月日:1990年10月29日
身長:186cm
体重:116kg
ポジション:PR

ラグビーキャリア

ニュージーランド国内
2013 – 2017 オタゴ

クラブチーム
2014 – 2014 (NZL)スーパーラグビー
2016 – 2017 (NZL)スーパーラグビー
2018 – 2019 (JPN)スーパーラグビー
2018 – 2019 (JPN)トップリーグ




この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました