パエアミフィポセチ Paea Mifiposeti

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

愛称はミフィ
2004年に来日し、正智深谷高等学校では1年からレギュラー組でプレーし全国大会に出場。
埼玉工業大学(関東2部)でも破壊力のあるバックスとしてセブンズの代表スコッドにも選出。

当時のセブンズトレーニングスコッドにはマイケル リーチ(東海大学)笹倉康誉(関東学院大学)山田章仁(ホンダ)布巻峻介(東福岡高)などそうそうたるメンバーが揃いました。

サンウルブズでは不慣れなウイングのポジションも卒無くこなしましたが、NTTドコモでは12番センターを任せられ、スタンドオフやフルバックもカバーできるドコモの頼もしい生え抜き選手です。

サンウルブズ1年目の数字です。
試合出場:14試合(先7 / 控7)
出場時間:653分
トライ:3
ゲインメーター:386
ボールキャリー:85
クリーンブレイク:8
ディフェンス突破:28

フル活躍した1年目でしたが・・・
何故・・・? 
2年目は選ばれなかったのでしょうか?

15人制の代表初キャップは、2016年6月カナダ戦に14番ウイングで出場。

現在は日本国籍を取得し、チームがある大阪に住んでいます。

パエア ミフィポセチ Paea Mifiposeti

出身地:トンガ
生年月日:1987年7月6日
身長:178cm
体重:108kg
ポジション:SO CTB WTB FB

ラグビーキャリア

クラブチーム
2011 – 2018 NTTドコモ(JPN)トップリーグ
2016 – 2016 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー

代表
2016 – 2016 日本



この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました