ピーター ラピース ラブスカフニ Pieter Lappies Labuschagne

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

2年間在籍したブルズでも、タフでナイスガイなプレーはチーム1の人気選手でした。

スーパーラグビー50cap、カーリーカップ(ブルーブルズ)ではキャプテンも勤めた頼もしい選手です。

今期サンウルブズのキャプテンを務めるヴィリー ブリッツとは2007年からの同じチームでプレーしていました。

2013年に南アフリカ代表メンバーに入りましたがテストマッチは未出場なので、ワールドカップ2019は日本代表として出場できる可能性がありますが、南ア代表ツアーに帯同していたため、日本代表入りが認められない可能性もあります。

丁寧なファンサービスと紳士で人柄も良く、日本文化にも慣れ親しむラピースは、日本代表を意識してプレーしているとコメントしています。

また、南アのラグビー誌では、日本代表に入ればW杯は「キャプテンを務めるべきだ」「彼が日本のキャプテンなら2015年よりも手強いチームになる」「ラブスカフニのいる日本代表チームならベスト8進出も難しい事ではない」と日本でプレーするラピースの人間性を称える記事がありました。

ターンオーバーとタックル成功率も高く、守備力の高いオープンサイドなので、サンウルブズの攻撃パターンも増え、得点力もアップするのではと思います。

ピーター ラピース ラブスカフニ
Pieter Lappies Labuschagne

出身地:南アフリカ(プレトリア)
生年月日:1989年1月11日
身長:189cm
体重:105kg
ポジション:FL No,8

ラグビーキャリア

南アフリカ国内
2007 – 2010 フリーステイト・チーターズ ユース
2011 – 2014 フリーステイト・チーターズ
2015 – 2016 ブルーブルズ

クラブチーム
2012 – 2014 チーターズ(RSA)スーパーラグビー
2015 – 2016 ブルズ(RSA)スーパーラグビー
2016 – 2018 クボタ(JPN)トップリーグ
2018 – 2019 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー

代表
2007 – 2008 南アフリカU19
2009 – 2010 南アフリカU21
2013 – 2013 南アフリカ




この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました