ヘンカス ファンヴィック Hencus van Wyk

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

宗像サニックスでもお馴染みの人気選手でもあり、チームのムードメーカーでもある、ファンヴィックが2年目もスコッドに選ばれました。

1年目は10試合(310分)主に控えからの出場でしたが、故障もなくチームに帯同できる主力PR選手は貴重な存在でした。

スクラムを落とすスランプ時期もありましたが、まだまだ成長できる年齢です。
2019年のスコッドはプロップ9人のうち4人が代表候補となるので、フル稼働が期待されます。

ブルズユース時代に南アフリカU20に選ばれましたが出場機会は無く、2018年7月時点で日本代表になれる在留期間をクリアしました。

ヘンカス ファンヴィック Hencus van Wyk

出身地:南アフリカ(ナイジェル)
生年月日:1992年3月2日
身長:183cm
体重:115kg
ポジション:PR

ラグビーキャリア

南アフリカ国内
2008 – 2010 リンポポ ブルーブルズU18
2011 – 2012 ブルーブルズU21
2011 – 2016 ブルーブルズ
2017 – 2017 ゴールデンライオンズ

クラブチーム
2013 – 2016 ブルズ(RSA)スーパーラグビー
2015 – 2019 サニック(JPN)トップリーグ
2017 – 2017 ライオンズ(RSA)スーパーラグビー
2018 – 2020 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー



この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました