フィル バーリー Phil Burleigh

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

3年の在留期間をクリアしスコットランド代表に選ばれた、スタンドオフもできるフィル バーリーです。

スーパーラグビー36CAP(チーフス2/ハイランダーズ34)、エジンバラに移籍した当初は2年契約でしたが、主力組として結果を残し2018年5月まで契約延長しました。
在籍した4年間、リーグとカップ戦に合わせて74CAPを獲得。

2017年11月25日、地元エジンバラのスタジアムで行われたオーストラリア代表戦(観衆67,144人)62分から出場しテストマッチデビューを果たしました。

スコットランドを離れ、ニュージランドに戻った昨年は、リッチー モウンガやライアン クロッティが所属するカンタベリーでプレー、プレーオフを含む10試合に出場し、プレミアシップ準優勝に貢献しました。

タフでハイボールに強く、激しいタックルも多い選手ですが、シンビンを受けた記録も無く日本のチームに向いているのではないでしょうか。

フィル バーリー Phil Burleigh

出身地:ニュージーランド(クライストチャーチ)
生年月日:1986年10月22日
身長:183cm
体重:93kg
ポジション:CTB

ラグビーキャリア

ニュージーランド州代表
2009 – 2014 ベイ・オブ・プレンティ
2018 – 2018 カンタベリー

クラブチーム
2010 – 2010 チーフス(NZL)スーパーラグビー
2012 – 2014 ハイランダーズ(NZL)スーパーラグビー
2014 – 2018 エジンバラ(SCO) プロ14
2019 – 2019 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー
2019 – 2019 九州電力(JPN)トップリーグ

代表
2017 – 2017 スコットランド




この記事は、2016年から友人が管理するラグビーサイトに私が提供した記事です。
2020年も思うような活動と活躍が期待されないため、サイトの閉鎖を決めたのですが、提供した記事だけは引き続き当ブログで読めるよう移行しました。
(若干追記しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました