アルフォンス・ミュシャ「図案のすすめ ミュシャとデザイン」企画展を開催

アルフォンス・ミュシャ Alfons Maria Mucha 堺市立文化館イベント
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

アルフォンス・ミュシャって誰でしょう?
美術に興味のない方は全く分からないと思いますが、1900年頃に活躍したのアール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーです。

代表作も数多く残されていますが一般的には聞くのは、キリスト教を主題とした戯曲「ジスモンダ」、春夏秋冬を美しい女性とともに描いた連作(4枚の作品)
「四季」などがあります。

アルフォンス・ミュシャ Alfons Maria Mucha 堺市立文化館

アルフォンス・ミュシャ Alfons Maria Mucha

今回の展示は約70点と発表されているので、通常展示されている作品は見られないかもしれませんが「装飾資料集」(図版72枚)だけでも見て後悔しないと思います。(多分)

では、なぜ堺市に「アルフォンス・ミュシャ館」が作られたのでしょうか?
それは、「カメラのドイ」で知られる「ドイ」の創業者である土居君雄氏が作品のコレクターであり死後、遺族から居住したことのある堺市に寄贈されたのである。
新聞の地域欄でも載っていましたが、土井氏は外車BMWのコレクターでもあり、同じく堺市に寄贈され定期的に展示会が開催されています。

堺アルフォンス・ミュシャ館

所在住所:大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館
開催期間:平成29年11月11日(土)~平成30年3月11日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)
出品作品:装飾資料集
(一部展示替えあり)

休館日:月曜日(休日の場合は開館)
※月曜日が休日の場合は翌日火曜日が休館
※年末年始(12月29日~1月4日)
※展示替え等のよる臨時休館(1月16日、1月17日)

入場料:一般500円、高校・大学生300円、小学・中学生100円
※小学生未満と65歳以上、障がい者手帳の本人と介助者は無料

お問合せ:072-222-5533

交通アクセス

JR阪和線「堺市」駅下車徒歩3分
ルマージュ堺地下駐車場は有料です。(サービス券等の発行は無し)

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
★★★★☆ · 美術館 · 田出井町1−2−200 弐番館 ベルマージュ堺

コメント

タイトルとURLをコピーしました