Mitre 10 Cup ニュージーランド州代表選手権

スポンサーリンク
Mitre10cup ニュージーランド ラグビー 州代表 選手権ラグビー
この記事は約8分で読めます。

Mitre 10 Cup ニュージーランド州代表選手権

Mitre 10 Cupマイター10 カップ)とは、ニュージーランドで最もレベルの高い国内ラグビーリーグです。

1976 – 1984 National Provincial Championship
1985 – 2005 National Provincial Championship
2006 – 2009 Air New Zealand Cup
2010 – 2015 ITM Cup
2016 – 現在 Mitre 10 Cup

多くのチームはリーグ発足時よりも前の1800年代後半に設立され、対抗戦や1904年から始まった「盾」を賭けたタイトルマッチ防衛線ランファーリーシールドRanfurly Shield)等が行われていました。

ニュージーランドラグビーで耳にする「NPC」とは2005年までの選手権タイトル(National Provincial Championship)の頭文字です。
日本では、全国州選手権大会と呼ぶ人もいます。

メインスポンサーが変わるごとに冠名も変わります。
Air New Zealand Cupニュージーランド航空
ITM CupIndependent Timber Merchants(建築資材管理組合)
Mitre 10 Cupマイター10(ホームセンター)

出場チーム

2018年シーズンのチーム一覧です。

Premiership Division

  • オークランド ラグビーユニオン
  • カンタベリー ラグビーフットボールユニオン
  • カウンティース・マヌカウ ラグビーフットボールユニオン
  • ノースハーバー ラグビーユニオン
  • タラナキ ラグビーフットボールユニオン
  • タスマン ラグビーユニオン
  • ウェリントン ラグビーフットボールユニオン

Championship Division

  • ベイ・オブ・プレンティー ラグビーユニオン
  • ホークスベイ ラグビーユニオン
  • マナワツ ラグビーユニオン
  • ノースランド ラグビーユニオン
  • オタゴ ラグビーフットボールユニオン
  • ラグビー サウスランド
  • ワイカト ラグビーユニオン

ニュージーランドラグビーの位置付け

一般的には、地域のクラブチームで活躍すると州代表に選ばれ、ここで活躍すればスーパーラグビーチームと契約、そして頂点はオールブラックスです。
Mitre10cup ニュージーランド ラグビー 州代表 選手権
学生ラグビーもクラブラグビーと同じ位置付けとされています。
スーパーラグビーは国際プロリーグの組織に属するので、州代表の試合が国内最上位リーグとなります。

期間と試合数

スーパーラグビーの全日程が終了する7月中旬にスコッドが発表され、8月中旬から10月下旬まで、各チーム10試合が行われます。

リーグ戦は9週間で行われるため、2試合の週が必ずある。
「Premiership」「Championship」の交流戦も行われる。

プレーオフと入替え

Premiership Division
上位4チームで行われるトーナメント勝者が年間チャンピオンとなる。
最下位チームは、翌年「Championship」に降格となる。

Championship Division
上位4チームで行われるトーナメント勝者は翌年「Premiership」に昇格となる。

選手

4ヶ国対抗戦(ニュージーランド代表)に出場する選手や、日本のチームと契約している選手等を除き、スーパーラグビーに出場した多くの選手が所属しています。

もちろん、代表戦が無ければ代表選手も出場しています。

そして、14チームは州代表なので傘下のクラブチームから招集されたノンプロ選手もたくさんいます。
(出場すると給料が支払われます)
ここで活躍できれば、スーパーラグビーのトレーニングスコッドに入ることも可能です。

プロで活躍する選手の多くは、新人時代からのチームに在籍しますが、特に決まりはないので前チームからリリースされていれば自由に移籍できます。

ニュージランド人トップリーガーの大半は

留学生として日本の大学を卒業し、トップリーガーになった選手を除けば、大半のニュージランド選手は州代表のチームに在籍していたと思います。
(違っていたらゴメンなさい)

神戸製鋼のアンドリュー・エリスダン・カーターはカンタベリー出身、ヘイデン・パーカーはオタゴ出身、マイケル・リトルはノースハーバーと切りがないので・・・

2009年マイク・デラニー(元パナソニック)、2013年アンドリュー・エリス(神戸製鋼)がシーズン最優秀選手に選ばれています。

年俸

2017年時点では、サラリーキャップ制度です。
最低年俸補償は約136万円から上限は約4,200万円です。

代表契約をしている選手には、年俸とは別にインセンティブ制度による報酬が貰えます。

傘下にあるクラブチーム

日本とは比べ物にならない位のチーム数が存在します。

全てがアマチュアチームで、セブンズや女子チームも含めると1チーム当たり100を超すクラブチームがあります。
(プロ契約している選手もいます)

スーパーラグビー(SR)を目指すには、シニアのカテゴリチームからグレードアップしていく必要があります。

「シニア3」→「シニア2」→「シニア1」→「プレミア」→「州代表」→「SR」
※シニア3以降のグレードも沢山あります。
※州代表を除く他のグレードは複数のチームがあります。

シニア以外のカテゴリも選べます
体格差による怪我を防ぐために、85kg以下(Under 85kg rugby)や、趣味としての週末ラグビーやジュニアチーム、U16 U19 U21からO40 O50 O60等のカテゴリがあり、それぞれに「●●2」→「●●1」→「プレミア」とグレード分けがあるので、年齢や自分の実力にあったチームを選択しプレーできます。

学生ラグビーはレギュラーにならないと大会に出場できない日本とは違って、ニュージーランドではラグビー部にもグレード分けがあるので、試合や大会もグレードごとに行われます。
(同レベルの選手と練習や試合ができることが重要ポイントです)

クラブチームの活動期間は、学内クラブを除き、1月下旬か遅くても2月上旬には練習が始まり、3月下旬から8月上旬までが1シーズンとなります。

説明が分かりにくくてスミマセン

スーパーラグビー傘下

完全な傘下ではありませんが、ノースランドを例に挙げると、ノンプロ選手に対してはブルーズ以外のチームは直接交渉できない決まりがあります。

2006年に設立したタスマンを除けば「州代表チーム」は「スーパーラグビー」傘下ではないがリンクしていると言えるのではないでしょうか。

スーパーラグビー州代表チーム
クルセイダーズカンタベリー
ブルーズオークランド
ノース・ハーバー
ノースランド
チーフスカウンティース・マヌカウ
タラナキ
ベイ・オブ・プレンティー
ワイカト
ハリケーンズウェリントン
ホークスベイ
マナワツ
ハイランダーズオタゴ
サウスランド

日本人でも参加できる

日本人で州代表に選ばれた選手は8名います。

最近では、田中史朗と堀江翔太(オタゴ)、茂野海人(オークランド)がプレーしました。

ここで思うのは、3人ともトップリーグに在籍しているから挑戦できたと思っていませんでしょうか?

恐らく、手続きなどは日本チームのバックアップがあったと思いますが、スコッドに入れるかは実力が全てです。

堀江選手はパナソニック入部前の2008年にニュージーランドに渡り、州代表を目指しましたがスコッド入りは叶いませんでした。

そして、みなさんも州代表に挑戦することは可能なのです。

もちろん、簡単ではありませんが・・・
語学力も必要です。

傘下のクラブチームは誰でも入ることができます。

その方法は?

以前は、練習グランドに行き「チーム練習に参加したい」と伝えれば一緒に練習ができ、プレーが認められれば試合に出場することもできました。
(現在は多分無理だと思います)

恐らく、外国人の参加は、ID提示やスポーツ保険の加入など一定の条件をクリアしないと参加できないチームが多いみたいです。

なので、真剣に参加を考えている人は、チーム練習が開始される1月までに、州代表か傘下チームに連絡しましょう。
(チームのHPやFBからでも可能だと思います)

ただし、全てはの会話は英語です。
在学中であれば、英語の先生にお願いして連絡してもらう手もあります。

ちなみに、エントリーするカテゴリとグレードは自己申告です。
高校卒業後に行くのなら、「U19」や「U21」などがあり、シニアカテゴリでは、最上位の「プレミア」→「シニア1」「シニア2」・・・と続きます。
州代表直下の「シニア:プレミア」はコーチの推薦がないと入れません、そして自己申告してチームに配属されてもコーチの判断でクラス変更になることもあります。

カテゴリレベルは実際に見ないと分からないのが辛いところですね・・・

チームに合流し、練習と試合を重ねグレードを上げていけば、田中選手や堀江選手、茂野選手と同じ州代表直下のプレミアチームでプレーすることができます。
そこでも活躍すれば晴れて州代表プレーヤーとなりマイター10に出場できます。
そしてその先はスーパーラグビーです・・・

以上が私の知るニュージーランドラグビーです。
古い記憶や、ニュージーランドの知人に聞いた曖昧な情報も混じっていますので、あくまで参考程度に読み終えてください。

余談ですが

田中選手は2012シーズンのスタートメンバーに入りました。
各チームのスコッドは35人弱、その中にスーパーラグビーの主力選手も入って来ます。
当然スコッドに入るには狭き門ですが、入れば地元の英雄として扱われます。

茂野選手は、オークランドの20近くある直下チーム(プレミア)の一つポンソンビーRFCでのプレーが認められ、オークランドの短期召集スコッドに入り、開幕40日前にスコッドに選ばれました。

その年オークランドはプレミアシップの2位に入り、プレーオフ決勝(vsカンタベリー)ではスタメン出場を果たしました。
チームメイトには、ビンス・アソ、ベン・ラム、アキラ・イオアネ等そうそうたる名前が!

惜しくも決勝戦は25–23で敗れましたが、茂野選手はオークランドで一番有名な日本人ラガーマンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました