堺市民の水道代なんと1,900万円を嘱託社員が着服

堺市民の水道代を委託職員が着服
スポンサーリンク

堺市民の水道代を嘱託社員が着服

水道メーターの検針業務や未収金整理業務の委託業務などを行う「ヴェオリア・ジェネッツ」の堺南営業所に勤めていた男性嘱託社員(60歳)が、2014年10月から約3年にわたり、営業所が未払宅に投函する「未払い分の納入通知書」を再発行して持ち出し、当該宅から直接集金した収納金を着服したようです。

ヴェオリア in Japan

 

元嘱託社員に料金を支払った客に「納入通知書」が届いたため発覚しました。

着服金額は約1,900万円。

元嘱託社員は「風俗や生活費などに使った」と着服を認めているということで、会社が業務上横領の疑いで刑事告訴する方針です。

 

発覚日:平成29年12月22日(金)21時頃
場所:大阪府堺市中区深井沢町3282 KMKアドバンスビル 堺南営業所

対象世帯:124世帯
被害想定額:19,440,042円

当該嘱託社員の処分
懲戒解雇(平成29年12月25日付)

今後の対応
被害額が確定でき次第、堺市上下水道局様に全額弁済

 

関連記事

堺市中区(中区役所の向い)の郵便局に勤務していた56歳の男が、郵便料金として納められた切手、およそ1億3000万円分を着服したとして業務上横領の疑いで逮捕されました。 堺中郵便局の総務部長が1億3千万円相当を着服逮[…]

堺中郵便局の総務部長が切手1億3千万円相当を着服
スポンサーリンク