塀の中は別世界?高すぎる!大阪刑務所のティッシュペーパー1箱が594円

大阪刑務所
スポンサーリンク

大阪刑務所のティッシュペーパー1箱が594円

受刑者は刑務所内での生活備品や日用品を自費購入しなければなりません。

 

もちろん外に出て買い物するわけにはいかないので、刑務所が指定する業者に欲しい商品を注文しお金を払いますが、一般に売られている安価な商品が異常高騰しているみたいです!

 

記事によりますと、震災後に業者を変更して以降、徐々に値上げが始まり、2016年の時点で歯ブラシ(1本)181円、ティッシュ(800枚入)594円、男性用パンツ(1枚)702円等、堺市民がスーパーで購入する商品よりも、服役する受刑者の方が圧倒的に高額な商品を購入させられていました。

 

納入業者への忖度は無いのか?

受刑者が刑務作業で手にする報奨金は1ヵ月4500円程度です。

 

関連記事

令和3年(2021年)は中止です。 関西矯正展は、法務省が主唱する「社会を明るくする運動」の一つとして、刑務作業の現状と重要性について皆様に広く知っていただくため大阪刑務所で毎年開催している催事です。会場で[…]

大阪刑務所
スポンサーリンク