堺市民で満足です

大阪府堺市に生まれた男が堺市とラグビーについて語る初心者ブログです。

だんじり撮影は最新のデジカメで

time 2017/09/01

だんじり撮影は最新のデジカメで


sponsored link

地車、だんじり撮影はカメラの進化に期待する


安くなりましたよねぇ!
スペックや機能も10年前とは雲泥の差!

私は3年に1台のペースで買い替えていますが、撮影技術は全く上達しません。
isoなどの設定もイマイチ分かりません。全てはオート撮影頼みです・・・
ちなみにコンパクトデジカメです。

高価な一眼レフを買えば撮影技術も向上するかと思うのですが、重いカメラを持って行動するまでの意欲はありません。

今年は買い替え時期なので、メーカーホームページを見て比較してみましたが、
今使っているカメラがキャノンなので今回もキャノンで?
と思っています。(以下はホームページより抜粋)

CANON PowerShot G1 X Mark Ⅱ


PowerShot G1X Mark II
商品コード:9167B004
型番:PSG1X MARKII
価格目安は65,000~80,000円前後

PowerShot G1 キャノンホームページ
有効画素数:約1280万画素、光学ズーム:約5倍
記録メディア:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード
電源:リチウムイオン電池(NB-12L)、
サイズ(幅×高さ×奥行き):116.3×74.0×66.2mm
質量:約516g(本体のみ)

EOSのAPS-Cにせまる大型センサー
キャノン デジカメ PowerShot G1 X Mark Ⅱ
キヤノン独自開発・自社生産1.5型
大型CMOSセンサーを搭載
有効画素数:約1280万画素(3:2)、総画素数:約1500万画素
EOSのAPS-Cサイズにせまる大きさで、
1画素あたりの受光面積は一般的な1/1.7型のセンサーに比べ約4.5倍。

解像力、ノイズリダクション性能を高めた「DIGIC 6」
canon デジタルカメラ パワーショット
画像の解像力やノイズリダクション性能が大幅に向上。
ノイズと被写体のテクスチャーを正確に見分け、ノイズだけを徹底的に除去します。
高感度撮影だけでなく、新たに搭載された「星空モード」にも威力を発揮。
クリアな天体撮影が楽しめます。

お店の人に尋ねると、
だんじり灯入曳行(夜の提灯姿)はキレイに撮影できるらしいです。

円形で美しいボケ味が楽しめる「9枚羽根絞り」
デジカメだんじり撮影
G1 X Mark Ⅱの開発において、特にこだわった表現の一つがボケ味です。
また、美しいボケ味を表現するために9枚羽根絞りを搭載。
より円形に近い丸ボケが可能です。
ポートレートもマクロ撮影も、夜景も、美しいボケ味が楽しめます。

だんじり 灯入曳行 デジカメ撮影

失敗していた夜景や提灯を吊った地車もこれで大丈夫か?

広角&高倍率化を実現「光学5倍ズーム」「プログレッシブファインズーム10倍」
1.5型大型CMOSセンサーを搭載しながら、広角化と高倍率化を実現。
光学5倍ズーム(24mm-120mm)/※35mmフィルム換算/を達成しました。
レンズ構成は、11群14枚の新ズームレンズ方式を採用。これにより、限られたスペースの中でも変倍比の向上が可能になりました。
キャノンのデジカメ

一番大事な連続撮影
「数打ちゃ当たる」でよくこの機能を使います。
特に、やりまわし撮影は何十枚かに一枚はベストショットがあるので・・・
やりまわし連写撮影
DIGIC 6の処理速度が進化したことによって、
連写速度も向上。約5.2枚/秒※の連続撮影を、フル画素で実行します。
高速化したAFとの連携で決定的瞬間にも強くなりました。
だんじり撮影 連射

私はいつもこの時期に買い替え、9月岸和田の試験曳きはテスト撮影しに行きます。
うまく撮れなかったり操作が難しかったりすると、次回買い替えまでの3年間を後悔しながら使います。
この3年間とは、3年使えば元取ったと思えるからです。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

堺市の駅

月別アーカイブ

区別の記事

堺区 西区 中区 東区
南区 美原区 北区