会社の登記が終わったら

スポンサーリンク
合同会社 登記申請 税務署雑談
合同会社 登記申請 税務署
この記事は約4分で読めます。

会社登記が完了したら次にすることは?

登記申請が終わり無事に登記日を迎えたら「次は何を」って思いませんか?
私の体験談なので堺市限定(2015年の話)ですが参考までに読んでください。

まず初めに法務局で証明書を取得しましょう。
私は記念の保管用とネット銀行の口座開設に原紙が必要だったので、下記の証明書を各2部を購入しました。

  • 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
  • 印鑑証明書

有料なので必要枚数を確認して購入しましょう。
(窓口交付で登記証明が600円、印鑑証明が450円)

印鑑カードを作りましょう

印鑑カードは、法務局に置いてある「印鑑カード交付申請書」を記入し、そのまま窓口に持って行けば約10分で発行してもらえます。

※必ず会社の代表印(登記申請した印鑑届書の印鑑)を持参してください。

印鑑カードを受取ったら、記入テーブルにある交付申請書(2種類)を記入しカードと一緒に提出しましょう。

支払いは最後です。
合計金額を聞いてから証明書を受取る前までに印紙を購入すれば大丈夫です。

【ここでの所要時間:約30分】

ここ重要です
証明書を受取ったら次は税務署関連の手続き用にコピーを取りましょう。
多くのサイトでは、税務署・都道府県税事務所・市町村役場に提出するための登記事項証明書は原紙と解説されていましたが、登記事項証明書はコピーでも大丈夫です。(堺市ですが)

せっかく堺東まで来たので残りの申請手続きも当日中に済ませましょう。

税務署に行きましょう

設立日から2ヶ月以内に税務署で手続きが必要です。

税務関連の申請時に必要な提出物「登記事項証明書」と「定款」のコピーが必要です。
各3部コピーを用意しましょう。

「定款」は会社登記する際に提出した「電子定款CD-R」のファイルをプリントすれば大丈夫です。

堺税務署は法務局やハローワークと同じ堺地方合同庁舎8階にあります。

ここでの申請は窓口に行って「法人の届出を申請します」と伝えてください。
担当者と奥のテーブルに移動して説明を聞きながら記入していきます。

記入する前に必ず「全ての申請書の控えを下さい」と伝えてください。
後々必要になる時があると思います。(法人口座開設など)

私は一般的な下記の4つを申請しました。

  • 法人設立届
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉徴収の納期の特例の承認に関する申請書

会社の事業内容や職種で申請内容が変わると思うので、何を申請するか調べてから行きましょう。

提出書類
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)のコピー
定款のコピー

持参するもの
個人の印鑑(実印でなくても大丈夫、私は100均の印鑑)

法務局での登記手続きと比べると、あっさり手続きが完了します。
そして、税務署の手続きにお金は必要ありません。

【ここでの所要時間:約30分】

これで終わりではありません!

都道府県税事務所に行きましょう

私は堺市内に会社登記したので泉北府税事務所に申請に行きました。
税務署とは違って、ここでは申告書を1枚記入するだけです。

大阪府堺市堺区中安井町3-4-1
TEL:072-238-7221

提出書類
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)のコピー
定款のコピー

持参するもの
個人の印鑑

【ここでの所要時間:約10分】

次で最後!

堺市市役所に行きましょう

市区町村役場の税務関係の窓口へも法人設立届出書の提出が必要です。
ここでも申告書を1枚記入するだけです。

堺市堺区南瓦町3番1号 8階 市民税管理課

提出書類
登記事項証明書(履歴事項全部証明書)のコピー
定款のコピー

持参するもの
個人の印鑑

【ここでの所要時間:約10分】

以上で税務関連の申請は全て終了です。

私は法務局で「登記事項証明書」「印鑑証明書」を申請交付し、税務署、泉北府税事務所、堺市役所の順に徒歩で移動、約2時間で全ての手続きを完了しました。

ネットでは税務署で申請する「法人設立届」の控えをコピーして都道府県税事務所と市役所に提出すればいいと書いてましたが、堺市では用紙が違うのでダメでした。

どの順番で行っても大丈夫ですが、泉北府税事務所は駅から少し離れていますので南海線で帰る人は市役所を最後にしたほうが楽だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました