支持者、支持政党がない時は「白紙投票」

スポンサーリンク
希望の党 衆議院 選挙 投票雑談
衆議院 選挙 投票
この記事は約1分で読めます。

衆院選挙は2017年10月10日公示、22日投開票とする日程を決めました。

多くの選挙区で、自民党 vs 希望の党が対決する「政権選択選挙」と話題されていますが、希望の党なんて大阪府民も堺市民も縁遠く親しみも無い!

維新に投票することが多かったのですが、次回の選挙(千葉1区)で長谷川豊を公認するらしいので今回維新には入れません。

選挙権を18歳からにしても投票率は上がらず政治の関心が薄れてるのに、475人も議員は必要なのか?

自転車でコケて大怪我しても、都合が悪くなり体調不良を理由に入院しても当選さえすれば年間約2,100万円以上が支給されています。

日給制にして国会に出た日数分だけ支給すればいいねん!

白紙表が当選者の得票数を上回ったら

今回は白紙投票しようと思います。

関心がない、支持者(支持政党)がない人は「白紙投票」すればいいと思う。

そして白紙票数が当選者得票数を上回ったら、その選挙区は「当選者なし」にすればいいと思う。
チマチマと議員数削減なんてしなくても、白紙票を上回った必要とされる当選者だけが国会で働き、歳費と政党助成金を貰えばいい。

なんてことを選挙が近付くたびに思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました